2012年11月5日月曜日

金曜の夜はハイスクールフットボール

LAの水野です。
昨日は夏季インターン生の辻本さんがカレッジフットボールについてレポートをしてくれましたが、本日私からはハイスクールフットボール観戦の様子をレポート致します。

アメリカに来て7か月経ち、季節はもう秋。スポーツとしては、フットボールのシーズン真っ只中です。日本にいるころはよくわかっていませんでしたが、アメリカ人のフットボール熱はかなりのものです。これは正直、驚きました。
そのフットボールですが、アメリカでは金曜日にはハイスクール、土曜日はカレッジ、そして日曜日は4大スポーツのひとつであるNFLを楽しむというのが、生活のリズムになっているようです。

そのうちのひとつ、金曜日のハイスクールフットボールの様子です。

この日は、LAから北西へ約1時間のThousand Oaksという街にある私立高校、Oaks Cristian高校へ行きました。相手はBonaventure高校というチームだったのですが、リーグ内のチャンピオンシップだったようで、かなり多くの観客が集まっていました。


まず、試合前にはプロスポーツと同様に国家斉唱が行われます。


そして選手入場シーン。これは本当に高校生の地区大会か?!と思うほどの盛り上がりです。


そして試合がはじまりました。
この日は、試合がよく中断するなぁと思っていたら、、なんとテレビで全国中継がされているということでした。

注目度の高さがうかがえます。


そして試合ももちろんですが、フィールドサイドではチアリーダー達が試合を盛り上げる様子もフットボールの一要素だと感じました。
 

そして、試合中にスタジアム内をいろいろ歩いてみました。
こちらは、ビジターチーム側のスタンドに行ったときの様子です。

また、コンセッションやグッズ販売のブースなども出ており、感覚的にはスポーツ+お祭りの要素も感じることができました。近所から来ていると思われる小学生~中学生世代のお子様たちも、なにやらこのフットボールを理由に集まって、ワイワイと遊んでいる様子でした。


以上、ざっと目に付いたところをiphoneで録画して、紹介させていただきました。

アメリカンフットボールというものが、アメリカ人の生活の中に「文化」として定着しているのを改めて感じました。息子さんの応援のためにスタジアムを訪れる親御さん、近所から集まっていると思われる子供たち、自分の学校を応援しに来て盛り上がっている高校生たち、選手たちを支える学生スタッフさん、審判のみなさん、コンセッションやグッズのブースを運営する大人の方たち…それぞれに関わり方は違いますが、ハイスクールフットボールをキーワードにこれだけ金曜日の夜を楽しみ盛り上げることができるのだと、感動しました。

そしてその後、この本を読んで、改めてハイスクールフットボールについての勉強をしています。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%84-H-G-%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC/dp/4120022420

イベントとしてはもちろん、トレーナーなどの医療スタッフが充実している点など、アメリカのプロスポーツばかりではなくアマチュアスポーツ界に、日本のスポーツ界が学ぶ点も非常に多いと感じます。

様々な角度から、今後もアメリカスポーツについて考える機会を増やしていきたいと思います。

弊社TwitterFacebookでは日々現場の動きをアップデートしています。
それらをまとめているADMホームページ、そして動画を集めたYoutubeページ
ぜひ併せてご覧ください。

Athletes Dream Management, Inc. LA水野


0 件のコメント:

コメントを投稿